離婚や財産分与について専門家の弁護士にサポートしてもらおう

会社清算と解散

セミナー

会社清算と解散は、会社がしている業務を全てストップしてしまい、法人格をなくす手続きです。会社をつくる時には、業績の悪化の為に利益が出ず赤字続きで存続ができなくなれば、解散を考えないといけません。解散する時には、今までの債権や債務の整理を準備して、それを経て会社清算を完了すれば、会社がなくなるという流れです。しかし、例外もあります。合併の場合は、合併される会社は会社清算の手続きは要りません。同様に、破産の場合も清算の手続きは必要ないです。清算人には義務があります。現務の完結、余っている財産の分配などがあります。これらをしなければ、賠償責任が起きます。ですから、申請はきっちりとしましょう。会社清算の流れとしては、株主総会で解散決議をして、その時に、清算人が選ばれます。債務者への広告の期間が過ぎれば、債務者に債務を返さないといけないです。それでも、財産が余っている場合には、株主に配られます。決算報告が認められると手続きは完了します。決算報告をしてから、2週間以内に登記を申請すれば会社はなくなります。会社の解散は基本的に難しくはないですが、手続きなどの知識を知っておかないと、時間も費用も多くかかってしまうことがあります。適正に行わないと大きな問題になる可能性も少なからずあります。そうならない為にも専門家の弁護士に頼めば知識も経験もあるので、手違いなく会社清算ができ、無駄なくスムーズな会社の解散ができるので、専門家に頼みましょう。